この世はふむふむでできている

いろんな世界をのぞいてみるブログ

終活

70歳独身女性の大先輩に老後の暮らしについて聞いてみた

先日、友人のお母様を交えて食事をする機会があった。70歳独身女性と言っても“生涯独身”ではなく、夫に先立たれての独身だ。 とてもお洒落な方で、クウネルや生活手帖なんかの雑誌に出てくるような、こだわりをきちんともった暮らしをしている。部屋には季節…

ドキュメント72時間から垣間見える人生を想う

NHKの「ドキュメント72時間」が好きだ。ある1か所に3日間密着し、そこを訪れ行き交う人々との出会いをカメラにおさめたドキュメンタリー。 www4.nhk.or.jp 『大仏を見上げる霊園で』出会ったのは、息子をがんでなくした年老いたお母さん。1日たりとも忘れ…

「負け犬の遠吠え」から「子の無い人生」への旅路をゆく

酒井順子さんの「子の無い人生」を読んだ。 子の無い人生 酒井 順子 結婚した・しないではなく、子がいる・いないで女の生き方が変わる。 なかなか聞けない独身・子ナシ先輩の言葉は共感すること多々。 思えば30代。「負け犬の遠吠え」という本が出たときは…

続・40歳独身女に待ち受ける楽しさと困難について予想してみた

40歳の困難さについて考えてみたけれど、今度は楽しさについて考えてみた。 thislife.hatenablog.jp 40歳の楽しさ もうあせらなくていい 子どもを産まないと決めた。なので、もうあせることもない。子どもを産まない人生を受け入れるだけだ。 親孝行をする …

40歳独身女に待ち受ける楽しさと困難について予想してみた

今年で40歳を迎える。もう40歳という気持ちより、まだ40歳かという気持ちが強い。一気にワープして60歳のわたしに会いたい気分だ。そっちはどう? のんびりやってる? って聞いてみたい。 20代から30代になるときは、ただただあせっていた。何者にもなれない…

ねんきんネットで年金見込額を調べたら人生楽しくなった話

老後を夢みている。もう会社に行かなくていいのだ。老後は何をしよう? 散歩をする。季節の花々を愛でる。夕暮れを眺める。猫とまどろむ。本を読む。温泉につかる。気が向くまま趣味にいそしむ…。ああ、早く老後をむかえたい。 結局のところ老後にはいくら必…

死ぬまでずっと好きでいられるなんてこと、この世にあるのだろうか

いろいろなコト、モノに興味をもち、好きだと思ってのめり込むが、だいたいそれは永遠には続かない。どこかで見切りをつけたり、いつの間にか疎遠になったり、気がつけば何も残っていない気がする。 「芋けんぴ」 これは5~6年くらい続いたと思う。初期の…