この世はふむふむでできている

いろんな世界をのぞいてみるブログ

お金がないから貧しいのか、貧しい気持ちがお金をほしがるのか

お金について考えている。わたしは貧しいのか。それとも足りているのか。

貧しさを考えたときに頭をよぎったのは、世界で一番貧しい大統領と呼ばれた「ホセ・ムヒカ氏」。メディアでも大きく取り上げられ、その言葉は今なおあちこちで目にする機会が多い。なによりやさしそうなお顔立ちが印象的だ。 

今後のお金に関する付き合い方・考え方で、指標になりそうなメッセージを見つけたので覚書として。

私たちには頭があります。心があるのです。ある程度までではありますけれども、私たちは自分自身の人生を方向づけることを自分ですることができるのです。

もし音楽が好きならば、そこに自由を探してください。もし私のように絵が好きなのであれば、そこに自由を見出してください。私のように農業が好きな場合には、農業を営むことができるでしょう。それは単純にお金を稼ぐためだけではありません。

ですから、何かあなた自身を幸せにするものを探してください。ほかの人を幸せにすることを考えてください。

それは世界を変えるということではなくて、自分自身を変えるということになるのです。

logmi.jp 

 

自分自身を幸せにするものを探す。好きなものの中に自由を見出す。それができたならばどんなにか幸せだろうと思う。そうすることができるのは誰でもない自分自身なのだという意志と希望。ムヒカ氏のメッセージにふむふむしたおはなし。