この世はふむふむでできている

いろんな世界をのぞいてみるブログ

車との暮らしに月2万円の価値があるかを今一度考えてみた

節約の第一歩は「固定費」ということで、今あらためて固定費を見直している。そうした中で出てきたのが「車および車の維持費」だ。

(車に関する支出)
ガソリン代:8,000円×12ヶ月=96,000円
車保険:2,970円×12ヶ月=35,640円
車税:34,500円
外出時の駐車場代:2,000円×12ヶ月=24,000円
タイヤ交換や点検、備品:40,000円
..........................................

計 230,140円/年間

*上記のほか2年ごとに車検代10万円がかかる
*自宅駐車場代は家賃に含む
*車のローンはない

年間23万円ほど車に費やしている結果となった。月額で約2万円。2万円…かぁ…。毎月2万円あったら何しよう? 温泉に一泊できる。ちょっといい洋服が1枚買える。猫カフェにいりびたる。書籍代につぎ込む。車検の10万円を考えると海外にも行けちゃう?

反対に、車から得られるよい点を考えてみた。
通勤に便利。好きなときに好きなところへ行ける。重い荷物があってもへっちゃら。急な雨もへっちゃら。ちょっと寒い日もへっちゃら。暑い日も快適。音楽を聴きながら風を感じられる。外なのに独り言も言えちゃう。徒歩では味わえない車窓の風景を感じられる。歳をとった両親を乗せてお出かけができる。自分の意志で遠くまで行けるんだという自由さを感じられる。

…。

結果、わたしはこの自由さと小回りがきく心強い味方に、月2万円を支払うことに決めた。「自宅」が帰る場所だとしたら、「車」は別荘。自由に移動できる別荘が月2万円なり。

(65歳までにかかる車に関する支出)
車維持費:23万円×25年=575万円
車検代:10万円×12年分=120万円
車買換:80万円
..........................................

計 775万円

わたしを自由な気持ちにしてくれる「動く別荘」。購入代金775万円か。悪くない。ふむ、納得した。

今回は、固定費見直しでマイカーを見直したが、何だかんだと車の良いところと維持費以上の価値を再認識し、ふむふむしたおはなし。

PS. カーシェアリングもカーリースも検討したが、地方暮らしのためあまり利点を感じられなかった。